広報ナビゲート

 

個人とチームの

広報をナビゲートする

アンダーライン

広報ナビゲーターとは、
その名の通り、広報を導くことですが、
どんなことをするかという前に
まず「広報」とはどんなことなのか
ということについてお話したいと思います。

 

【広報について】

 

 

「広報」は

「広告」ではありません。

 

「広告」は、広告を出したい人が

費用を使ってスペースを買い、

自分が出したいことを発信します。

ですから、自分(広告を出す人)が

発信したいことを発信したい方法で出していく。

目的は利益のためです。

 

スペースとは、

テレビや新聞や雑誌やネットなどの媒体だったり

屋外看板や駅や電車や競技場や

オリンピック等に関連する

競技場や選手のウェアなど

ありとあらゆるところ。

媒体とも言います。

 

個人で広告を出すというのはあまりなくて

ほとんど、企業や公共団体がすることです。

それは、広告を出すこと(専門用語で出稿)は

とてもお金がかかるから。

テレビコマーシャルや新聞や雑誌に出すのは

何千万、何億円という莫大な費用がかかります。

オリンピックのスポンサーになるのは

支援と広告という2つの目的からだと思います。

 

一方、「広報」は、

その名の通り

「世の中に広く知らしめる」ことです。

そして、

世の中に存在する自分を知ってもらい

仲良く共存するために行うことです。

 

すなわち、

モノやサービスを売ることが目的ではなくて、

理念や想いや行動を理解してもらい、

社会の一員として存在している

わたし(企業や個人)とみなさんの

コミュニケーションを

もっとよくしていきましょう。

ということが広報の目的です。

 

では、

具体的に何をすることが広報なのか。

 

理念や想いや行動を理解してもらい、

社会の一員として存在している

わたし(企業や個人)が

コミュニケーションを

とるためにに行うさまざまなことのことです。

 

コミュニケーションですから、

一方的に何かを伝達するのではなく、

「買ってください、使ってください」と

お願いすることでもなく、双方向で育むものです。

 

 

【パーソナル広報ナビゲートとは】

 

「広報」というと

企業広報や政府広報のように

ある程度の規模の組織を思い浮かべるかもしれません。

 

でも、

個人がそのマインドをもって行動したら

理念(想い)を大勢とわかちあうことができるし

社会からの認知がより促進されて

その存在が明らかなものになるでしょう。

 

それで、私のこれまでの

経験を生かして

 

個人や小さな組織の方々が

内側にあってまだ隠れている

小さな光を見つけて

世の中に届けたり

抱いている想いを

世間に発信する方法を見つけます。

 

 例えば、

メディアに発信したり

共有するためにイベントを開催したり

本などで発信したり

周囲の方々と交流したり

または映画を創ったりと

広報するための方法は

たくさんあります。

 

それらを一緒に考えていきたいと

思っています。

 

私たちの身の回りには

たくさんのモノがあふれています。

奇麗なものや便利なものもたくさんあります。

そして、

素晴らしい技術や知識を持っている人も

大勢います。

 

 

でも私たちは、

「モノ自体」や

「行動自体」ではなくて、

それをつくっている人の想いや

それをしている人の気持ちに

「感動」して、

心を動かされたり

新たな行動を始めたりするのではないでしょうか。

 

そんな、

目に見えない

人の想いをもっと世の中に発信していきたい。

長い間そう思っていました。

 

 

私自身は、「広報」に携わって

27年めになります。

 

その間は

いくつかの方向から仕事をさせていただきました。

最初は、PR会社や企業の広報部勤務で現場で働き、

2012年からは大学の非常勤講師として

「広報と広告の文章演習」を教えています。

 

広告については

独立した2001年からは企業の広告分野である

情報誌制作や編集タイアップの誌面制作などを

手がけていました。

 

そのような経験を生かして、

 

利益追求だけでなく

循環する社会のために

環境を守ることや、

人々に

健全な心と体と魂が戻るために

日々行われている

「事柄」と

それを実践している

「人たち」に目を向けていきます。

 

その行いや人々が

より正しく、

世の中に知られて

光が隅々まで届くことを目指します。

 

そして、

それら光の存在を信じた人々が

より自分らしく、

何ものにもとらわれることなく

豊かな人生を送れるように

役割を果たしていきたいと思っています。

 

 

【パーソナル広報ナビゲーターができること】

 

*想い(理念)の言語化ができるようにナビゲートします。

例えば一緒に「理念」「クレド」を産み出すこと。

 

*言語化された想いに沿った「言葉、しぐさ、表情、外見」などが

世の中と共有できるようによりふさわしい発信方法をナビゲートしていきます。

例えば「出版、Web、プレゼンス全体」などを統一すること。

 

*個々に持っている個性を生かしながら、その方(チーム)の最高の表現方法を見つける。

例えば、会話や文章での発信力を高めるために、想いと言葉のつながりを強化すること。

その方法を伝えること。

 

「どこにも混ざり物のない自分らしさ100%で発信していきましょう」

「パーソナル広報ナビゲート」は、広報コンサルティングになります。
「広報ナビゲート」は、広報コンサルティングおよび広報講座になります。

 

お問い合わせはフォームからお願いいたします。
 

 

 

 

 

 

アンダーライン

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー