2月 ライティング・セッション

光の言葉塾をはじめます

第一弾として、2月より個人の文章をブラッシュアップさせる

ライティングセッションがスタートします。
2016年にモニター版を行い、多くのモニターさんが、

「文章がうまく書けないので書けるようになりたい」

という動機で申し込んでくださいました。

しかし、それは文章を書く技術を知りたいのではなく

「何を伝えたいのかを言葉で表す」ところで壁に突き当たっているということでした。

書くという行為は、

知らせたり伝えるための手段の一つなので、

それ自体のノウハウ以前の

「言葉を見つける」

「言葉を磨く」

「言葉を発信する」ことに注力して

セッションを行っていきたいと思います。

文章の流れを確認したり、

意味が通じるかとか整合性がとれているかとか

文章をより輝かせるために工夫したりすることを

「校閲」と言いますが、

本来、そのような校閲作業が好きなので、

赤ペンもつとワクワクしてしまいます。

同じ内容の文章でも、

最初と最後が見違える変身して

「ビフォーアフター」の世界なのです。

■ライティングセッション

文章をより完成度の高いものにして伝えるための個人セッション。

こんな方のために

●ご自身で文章を書いて対外的に発信している方

●ご自身の活動のコンセプトを外部に伝える必要のある方
期間と方法

●期間1カ月の間はメール質問無制限

●文字数 A4 word 換算1枚1440字
①スカイプまたは電話でセッション(60分)

②セッションを元に文章の書き直しをしてください

③添削します

④原稿を見ながら再度セッションをします(60分)

⑤こちらで最終推敲をします

⑥それを元に自分で完成させてください

⑦双方で最終確認をして終了

セッション料34,000円(消費税込み)

お申し込みはこちらから

 

折り返し日程の候補などをご連絡いたします。

●モニターさんの感想

「とっても丁寧に添削いただき、感激しました。
晴美さん、本当にどうもありがとう!
言いたいことがわかるように伝えていただけた感じがありますし、

ここは、もっとこうしようということを

具体的に考えることができるヒントがたくさんでした。
これを元にもう一度練って、リリースしようと思います。
本当どうもありがとうございます。
とっても助かりました。
晴美さんに頼んでよかったです。」

その他の感想は

こちらをご覧ください


私たちは、

生まれてすぐに

誰かの言葉を聞いて

聴きながら育って

親のそれは

いつか自分の言葉になって、

多くの人とつながったり切れたりしながら

命を紡いでいく。

出会った人と

食べたものと

言葉でできている私たち。

言葉は自分との、

そして自分以外の人とをつなぐもの。

言葉を磨いて

伝えたいことを正確に、

さらに、相手の言葉の真意を汲み取って

つながりを強く太くしていきませんか。

 

ーーー

 

2017年01月30日 | Posted in consulting | | Comments Closed 

関連記事